SAP MM

SAP MM関連の解説記事

SAP MM

【SAP MM】「照会タイプ」による購買伝票一覧の表示設定を解説

SAP標準の仕入先別一覧(Tr:ME2L)や品目別一覧(Tr:ME2M)といったレポートを使ったことがある人は、第一画面で「照会タイプ」という項目を目にしたことがあるはずだ。 この照会タイプを使うと、一覧の表示方法を制御することができる。今回は「照会タイプ」のカスタマイズについて解説する。
SAP MM

【SAP MM】自動勘定設定(Tr:OBYC)の仕組みをわかりやすく解説

今回は自動仕訳(Tr:OBYC)の概要について解説する。 SAPでは、入庫や請求書照合を行うと同時に、バックグラウンドで「会計伝票」を登録する。この会計伝票は勝手に起票されるわけではなく、自動仕訳(Tr:OBYC)にてどのような条件でどのような勘定コードを計上するのか、といった指定を予め行っておく必要がある。
SAP MM

【SAP MM知識】在庫数の履歴の調べ方(テーブル:MARD、MARDH)

在庫領域の機能構築をする際、「過去の特定時点の在庫数量を取得したい」という要件が出ることがある。 今回はテーブルMARD(保管場所在庫)およびMARDH(保管場所在庫の履歴)の特徴について説明し、そういった要件への対応方法について整理する。
SAP MM

【SAP MM基礎】入庫請求仮勘定とは?(GR/IR)経過勘定について解説

SAPの処理においては、資産増加のプロセス(入庫処理)と債務認識のプロセス(請求書照合)が分かれている。処理トランザクションが分かれている以上、仕訳も2段階で記述する必要がある。よって、「入庫請求仮勘定」という一時的に両者をつなぐ(経過させる)ための勘定を作り、入庫と請求書照合を橋渡しする。
SAP MM

【SAP MM基礎】購買(MM)の機能概要(SAPコンサルタントによる入門解説)

SAP ERPのMMモジュール(購買機能)にかかわる基本的な知識を解説。 企業の購買プロセスにかかわる管理機能全般を備えるのがSAPのMMモジュール。 具体的には、仕入先企業に対する発注を処理し、物品が届いたら入庫および債務を計上するといった処理がSAP MMではカバーされている。
タイトルとURLをコピーしました