SAP CO

SAP COに関する解説記事

SAP CO

【SAP CO】活動タイプマスタについて解説

活動タイプマスタは、生産や各種タスクで発生する作業要素(活動)を定義し、その活動にかかる単位当たりの価格を登録するためのマスタだ。 この記事では活動タイプマスタの登録方法や、活動単価のアップロード方法について解説する。
SAP CO

【SAP CO】統計キー数値について解説

統計キー数値は配賦処理を行う際の基準を登録しておくCOのマスタデータであり、どの原価センタ(レシーバ)に対してどのような比率で部門費の配分を行うか、といった情報を登録しておく。 配賦処理を実行した際にこの統計キー数値の設定を参照し、金額の配分が行われる。 この記事では、統計キー数値のマスタ登録方法や、配賦基準のアップロード方法について解説する。
SAP CO

【SAP CO基礎】管理会計(CO)の機能概要(SAPコンサルタントによる入門解説)

企業内部において、どの部署がどれだけの成果を上げているのか、どの製品群の収益性が高いのか、事業領域やマーケット別にどれだけの収益が上がっているのか、ある製品を作るのにどれだけの費用がかかっているか、といった様々な軸での評価を定量的(金額)に表現するのは非常に重要だ。 こうした内部活動を適切に計算し可視化するのが管理会計の目的だ。
SAP CO

【SAP CO】品目標準原価計算(原価積上)の仕組みを解説

SAPでは、製造に必要な原材料を登録するBOMマスタ、および製造に必要な作業内容を登録する作業手順マスタ等を用いて、品目の原価を積み上げることで標準原価を計算する、品目標準原価計算(原価積上)の機能が備わっている。 本記事ではSAPにおける品目の原価積上の仕組み、前提カスタマイズや必要なマスタを解説する。
SAP CO

【SAP CO知識】収益性分析(CO-PA)について分かりやすく解説

収益性分析(CO-PA: Profitability analysis)とは、収益と費用の発生状況を様々な切り口で分析可能にし、企業活動における多元的な収支情報を提供する、SAP管理会計の機能のことだ。 今回は収益性分析(CO-PA)について解説する。
SAP CO

【SAP CO知識】照合転記について分かりやすく解説

照合転記(Reconciliation with FI)は原価センタ間配賦の後工程として行う、COモジュールからFIモジュールに対する調整転記のことで、通常は決算工程の一部を構成する。 今回は照合転記について解説する。
SAP CO

【SAP CO知識】収益性分析のトップダウン付替について解説

SAP COのトップダウン付替(Top-Down Distribution)とは、収益性分析のレコード間での配賦を行う処理のことで、共通的なレベル(会社コードレベルや販売地域や製品グループのレベル)で発生する損益のレコードを、より細かい特性の収益性分析レコードに配分するためのものだ。 今回はトップダウン付替について解説する。
SAP CO

【SAP CO知識】原価要素について解説。一次原価要素、二次原価要素とは?

原価要素とは、原価センタや指図などのコストオブジェクトに費用を計上するために必要となるCO領域のマスタのこと。 原価要素には、一次原価要素と二次原価要素がある。
SAP CO

【SAP CO知識】内部指図について分かりやすく解説

内部指図(Internal Order)とはSAPで使用するコストオブジェクトの一つで、費用項目の集計と決済処理に使用することができる。 今回は内部指図の用途、運用方法、カスタマイズ等について解説する。
SAP CO

【SAP CO知識】転記済みの収益性分析の特性を変更する方法(Tr:KEND)

SAP COで転記する収益性セグメントは、過去に転記済みのものであっても、誘導ロジックの修正、コード値の変更による特性値の修正に伴い、遡及して更新しなければならない場合がある。 この時、Tr:KEND(CO-PA:再調整更新)から「再誘導」または「置換」を行うことで収益性セグメントの特性の更新を行うことができる。
タイトルとURLをコピーしました